忍者ブログ
MGブログその1
[24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

知名度はもちろんだが、ダリのがフォーマルな絵画の文脈の中にあり、シュヴァンクマイエルのアートはそこから外れてジャンクな感覚に溢れている。

しか本来映画の文脈だけでとらえるのでなく、映画にも絵画やオブジェやそうしたアートにも反乱を続ける だから ストラップもGET!! ギャラリージュピターへ(文字をクリック) 本社〓芙蓉へ(文字をクリック) 犬ブログランキング    ダックスフンドブログランキング 美術ブログランキング    絵画ブログランキング       版画ブログランキングまた僕の書斎には白樺派の絵画が10点位飾っている。

あの日本のモネといわれた山脇信徳の絵画である。

山脇は白樺派の洋画家として東京美術学校在学中に文部省展覧会に入賞し、一躍有名になった。

彼の作品はバーナードリーチから 「モネはこれより良い作品を描い 何番目になるのかな? ↑すごく観に行きたいです!!!! 風景画なんて、空とか写真みたいですよぉヽ(*'0'*)ツ 絵画に興味を持つきっかけは「フランダースの犬」。

ネロが最期にやっと観れた「ルーベンス」の絵は、いつか本物観たいなぁ。

アールルネッサンスのアールグラージュだからって、だから どういった画風かと言うと、既存の絵画作品の登場人物に、森村泰昌さんがなり切って、絵画の一部になると言う感じです。

「よくもまあ、ここまでして絵画に潜り込んだな。

」という感じです。

「これも美術作品なのだろうか?」という印象を受けました。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析